RSS | ATOM | SEARCH
「大会」お疲れ様でした!
予想より暑い陽射しの中で北海道マラソン大会が終了しました。

女子の優勝はヒラツカエースの「野尻あずさ」選手。彼女はクロスカントリー出身のアスリートです。真面目でハキハキと明るく会話ができる賢いアスリートです。

18キロpointで声をかけたときには、知ってる顔をみて笑って過ぎて行きました。
あの笑顔の余裕が、楽しそうでもあり、女子の第2グループで走ってた彼女のそのあとのレース展開を予想させました。

優勝おめでとうございました!


さて、そんなトップグループの走りの後ろには初マラソン大会に挑戦したかた、レースタイムに挑戦したかた、昨年のリベンジで挑んだ方、それぞれのレースがありました。

ハチスポのサポート班も、各場所で声援を送りました。
みなさんが無事に目の前を通過していく姿を見送りながら、冬からの地道な練習からはじまり、ここ一ヶ月ほど憂鬱に成るほど(笑)不安と戦いながら、体の痛みや変化にいい意味で敏感になりながら、頑張ってきた先の気持ちも垣間見れ、とても頼もしくがんばれー!の一言でした。

応援側には見えない事もあったかもしれません。足がつったり、暑さを気にしすぎちゃぽちゃぽになったり、まだ動けるのに後ろの警備に追われたり…
普段の練習では絶対に起きないようなアクシデントがあったかたもいるかもしれません。
走っているペースだけでなくスタートでのタイムラグがある分関門との戦いもあります。幾度の大会をこなしてきても、北海道マラソン、夏マラソンだからこそ違う経験もあったと思います。


フルマラソンも、ファンランのみなさんもゴールできた方、本当におめでとうございます!
ゴールできなかった方、本当にお疲れ様でした!でもよく頑張った!

緊張感や不安も一旦休憩です。ゆっくり休んでまた次をめざして行きましょう。


ゴールした方も、ゴールできなかった方も「あと少しなのに…悔しい」「ゴールしたけどタイムが…」「もう少し先へ…」と悔しさや、課題を感じたはずです。

一生懸命頑張ってきたからこそ感じられる「次」です。走りながら「もう嫌だ」「何でこんなに辛いの(TT)」と感じていたこととは別な気持ちです。あんなに辛い思いをしても、きっとハチスポで頑張ってきたみなさんは「また次へ」を感じ取っていると思います。…そう願います。(笑)
なにもやらず、努力なしに「あー楽しかった」だけのレースには味わえない気持ちです。


この辛さや、悔しい気持ち、また次へ繋げるこの思いが、みなさんの努力の結果だと思います。この気持ちを大切に次へ繋げて行ければと思います。
課題や色々な環境を想定した準備、体力も経験も、痛みや怪我からの克服は必須です。まだまだやることは沢山あります。楽しく積み重ねて行きましょう!

本当にお疲れ様でした!<感動しました。ありがとうございました!

また、各場所でサポートをお手伝いいただいたみなさん、本当にありがとうございました。みなさんの声はランナーのみなさんの力になったはずです。
本当にお疲れ様でした!感謝します、ありがとうございました。






author:8spハチスポスクール, category:大会, 20:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:30
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://8spo2009.jugem.jp/trackback/421